宅配クリーニング料金比較、最安値はどこ?


 宅配クリーニング業者の料金比較が無料で出来るようになっているウェブサイトは沢山ありますが、正確にこのクリーニング店や業者を使えば一番安いと断言されているところは少ないです。
 関東地方や関西地方など特定の地域でしか営業を行っていないチェーン店もあるので、全国的に見てここが一番安いと決めるのはリサーチ力の高い比較サイトでも難しいからです。しかし、しっかりと調べれば、最も安いとされている宅配クリーニング業者は見つかるようにもなっています。,




スーツ上下なら1396円の「せんたく便」送料無料!

 サラリーマンや会社経営者の方にとって嬉しい、スーツ上下のクリーニング価格が最も安い宅配クリーニング業者はせんたく便です。料金はスーツの上下セットで1396円となっており、送料が完全無料なので1396円以上のお金がまったくかかりません。
 せんたく便は自宅までスーツなどの衣類を収集しに来てくれるようにもなっているので、近場に店舗型のクリーニング店がないという方からすると特に利用しやすくなっていると言えるでしょう。
 スーツ上下で1500円以下というところは非常に少数なので、普段着は色物も含めて自宅で洗濯してスーツやつなぎなど仕事着のみを、プロに洗浄してもらいたいと考えているような方にとって便利だと言えます。


Yシャツ1枚ならネクシーのビジネスメンバーで1枚250円

 使い捨てる感覚ではなく、YシャツやTシャツも長く使うために宅配クリーニングに出したいと希望しているようならネクシーが安く済むため広く推奨されています。
 ネクシーにはビジネスメンバーという会員制サービスが存在しており、会員になることでYシャツを一枚あたり250円で綺麗にしてもらえるようになっています。
 高い店舗だと一枚で500円近く取られてしまうことも珍しくありませんので、Yシャツはネクシーの宅配クリーニングに預けるのが一番お得なのだとイメージしておいてください。
ただしネクシーのビジネスメンバーでも、せんたく便よりもスーツのクリーニング価格は高いため、あくまでもYシャツの最安値業者なのだと認識しておくべきです。


ブラウスならリネットで550円

 男性よりも女性向けの情報として挙げられるのが、ブラウスの宅配クリーニング業者はリネットが最も料金的に安いということです。リネットならブラウスが一着550円で綺麗にしてもらえるようになっていますので、平均して850円から1000円近くかかるブラウスのクリーニング代金を大幅に抑えられるようになっています。
 リネットも自宅まで洗濯済みの衣服を届けてくれるだけでなく回収に来てもらえるようになっていますので、出来限り手軽なクリーニングサービスを活用したという女性にとって利便性が高いと言えます。ブラウスのみで言えば競合他社より圧倒的に安いという比較データがありますので、ブラウスを頻繁に清潔にしたいなら利用すべきです。


5点パックはせんたく便、10点パックならリナビスが最安値

 衣服や仕事着を一着ずつではなく何点もまとめて宅配クリーニングに出したいと希望しているようなら、リナビスの10点パックが最安値なのでお得です。しかし10点ではなく5点の洗濯物を出したいようならせんたく便の5点パックのほうがお得ですので、クリーニング対象のアイテムが特に貯まっているときにリナビスは利用するといいでしょう。
 料金のみでいえばせんたく便の5点パックよりもリナビスの10点パックのほうが安く、コストパフォーマンスもいいからです。逆に毎週一点か二点程度のクリーニング物を、定期的に宅配クリーニングに出しているような方からすると、預ける衣服の量が少なくなってしまう可能性が高いためリナビスは使わないほうが懸命でしょう。

この記事に関連するコラム

詰め放題の宅配クリーニング比較、最安値はどこ?

 宅配クリーニングはお店に持っていかなくても集荷してもらって依頼することが出来るのでとても便利です。  詰め放題で好きなだけ衣類を入れる事ができるプランもありますので、とにかくたくさんまとめてクリーニ...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

せんたく便の保管パックが人気の理由

 せんたく便では保管パックというプランがあり、これはクリーニング後に衣類を保管してもらえるのです。  最長で9ヶ月間保管してもらえるので、クローゼットをスッキリさせることが出来ます。また、コスプレ衣装...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

口コミで評判のせんたく便ってどうなの?

宅配クリーニングのせんたく便は、自宅まで洗濯物を取りに来てくれます。また、自宅まで配達してくれるか雨の日でも大丈夫です。かさばる布団も楽々です。また、クリーニングした衣類を預かってくれるサービスも口コ...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む