コートやダウンなどはリナビスがお得


 リナビスの宅配クリーニングでは、コートやダウンジャケットのクリーニングも行っています。さまざまなブランドのクリーニングに対応しているので、生地を傷めることなくクリーニングが出来るのです。
 そして、最長で6ヶ月までの無料保管サービスも行っています。




コートやダウンはリナビスで

 宅配クリーニングとは私たちの生活にとって欠かせない存在となりましたが、最もクリーニングを利用する衣類は何でしょうか。
 やはりスーツが多いことでしょう。職業によっては毎日のようにスーツを着なければなりませんので、スーツをクリーニングに出すことは生活習慣のひとつとなっています。それ以外に多いのはコートやダウンジャケットではないでしょうか。これらのアウターは秋・冬の限られたシーズンだけ着用するもので、それ以外のシーズンはクローゼットに仕舞っておくものです。
 しかし、汚れをそのままにしておくとシミになってしまうため、シーズンの終わりにはクリーニングに出しておきたいもの。そういった場合はリナビスをおすすめします。
 代表的なブランドのコートやダウンジャケットに対応しており、生地を傷めることなくクリーニングが出来るのです。


リナビスのクリーニングとは

 リナビスの宅配クリーニングが支持されている理由はどこにあるのでしょうか。それは多くの無料サービスでしょう。
 宅配には必ず送料が発生しますが、送料無料で対応しているのです。送料はお金の部分だけでなく料金の計算が面倒なもの。しかし、送料無料になっていることで多くの手間を省くことが出来ます。
 そのほかにも無料での保管サービスも行っているのです。アウターは秋・冬だけしか着ることがありませんので、保管場所に困ってしまうもの。
 しかし、 無料で6ヶ月まで保管してもらえるので、収納場所で悩むことがありません。そして、シミ抜きも無料で行っています。
 どのクリーニングでもシミ抜きを行っていますが、料金が発生してしまうもの。しかし、無料でシミ抜きをしてもらえます。


クリーニングの工程とは

 届けられた衣類はどのようは工程を経てクリーニングされているのでしょうか。衣類はそれぞれ素材や汚れが異なりますので、専任のスタッフが一点一点チェックを行います。これによって正しいクリーニング方法を決めることが出来ます。
 そして、20種類以上の洗濯方法からベストな方法でクリーニングを行います。シミのある衣類はここでシミ抜きが行われるのです。そして、クリーニング後は乾燥が必要ですが、こちらでは自然乾燥を行っています。これによって衣類へのダメージを最小限に留めることが出来るのです。自然乾燥を行うには広いスペースが必要ですが、リナビスは専用の乾燥室を用意しています。そして、経験豊かな職人が手作業によってプレスとラッピングを行っているのです。
 緩衝材と一緒に梱包をするため衣類にシワがつく心配はありません。


布団クリーニングにも対応

 こちらでは衣類のクリーニングだけでなく布団の宅配クリーニングも行っています。会員登録を済ませると集荷キットが届きますので、そちらに布団を入れましょう。
 集荷キットには布団を入れる専用のバッグだけでなく、利用ガイド、申込書、着払い伝票がセットになっているため、それ以外に準備をする必要がありません。そして、佐川のスタッフが回収してくれるため、自宅に居ながらにして布団クリーニングを利用することが出来るのです。コタツ布団にも対応しているので、シーズン終わりに清潔にすることが出来ます。
 私たちの生活において睡眠は欠かせませんが、そのためには清潔な布団が必要です。布団クリーニングを行うことで清潔な睡眠環境が得られるため、毎日の疲れを癒すことが出来るでしょう。

この記事に関連するコラム

リナビスやせんたく便の詰め放題の口コミを比較する

宅配クリーニング会社のリナビス利用における口コミの特徴として、衣類の仕上がりが非常に綺麗になるということです。  一方でせんたく便利用における口コミでは、ジャケットやワンピースなどの衣類でも安く洗濯出...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

リナビスの宅配クリーニングなら6か月保管可能で衣替えに便利

宅配クリーニングのリナビスでは、仕上り後の衣類の6か月保管サービスを無料で行います。こういったサービスは、衣替えの際に便利です。保管期限までの間に衣類のメンテナンスもしてもらえます。クリーニングの各プ...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む

宅配クリーニングリナビスは行き届いたサービスが特徴です

熟練した職人集団が作業を行うのが、リナビスの特徴です。このサービスでは、ほつれやボタン付け、しみ抜きなどは無料で行います。保管サービスも提供しており、評判です。送料無料のお得なセットサービスもあります...続きを読む

同じジャンルのコラムを読む